前へ
次へ

どんな着物を買取店に持ち込むのか

着物買取のサービスを利用する人というのは、売るという点で言えば、やはり日頃から着物と関わりが深くなければ、売りに出すような着物を持ち合わせていないでしょう。
出掛ける場所、目的に合わせた着物、日常生活では装う機会は早々に訪れないからこそ、新品に近い状態の着物が目立ち、買取額は高値がつきます。
例えば、披露宴では、色振袖でも格調高い物が選ばれています。
お祝いの気持ちを形にして、結婚式や披露宴の席に第一礼装は女性の嗜みです。
色振袖は、黒振袖と同格、未婚女性も着られることから、買取店でも買取強化中というケースは多いようです。
また、華やかで格のある着物には、小物で遊び心をプラスする未婚女性の存在もあり、刺繍の付け下げ、袋帯、伊達衿などを、色振袖と一緒に査定に出す人も最近では、少なくありません。
もちろん、持ち込む女性には、お呼ばれされるため、落ち着いた付け下げの訪問着を持ち込みます。
くだけすぎた装いはタブー、かといって格が高きものは華やかすぎ、こうした女性が幅広いシーンで着られる訪問着を持ち込むようです。

たとえ汚れがあったとしても大丈夫

今まで自分で着てきた着物をどこかの買取り店で買取してもらおうか考えている人は、まずはお店を見つけるところからスタートします。
ある程度の年月に渡り、着てきた着物であれば、多少の汚れやほつれ、さらにはシミ等が付いてしまっていることもあります。
こんな状態では、着物も買い取りしてもらえないのではないか、そう考えている人もいるでしょう。
しかし、これはお店によって買取査定額には違いが出てくるかもしれませんが、基本的には無料査定を行ってくれますから、安心してお店を見つけましょう。
もちろん、買い取り査定してもらうにあたり、事前にシミを取り除いたりして、綺麗な状態に仕上げておければしておいた方が良いです。
ただし、お金をかけてシミ抜き等を行うのであれば、まずはそのままの状態にしておき、査定額を提示してもらった方が良いです。
ブランド品の買取専門店に比べると着物専門の買取店は少ないですが、1つだけのお店で買取査定してもらうのではなく、複数店に査定依頼しておき、高い査定額を提示してくれたところに買い取ってもらいましょう。

Page Top