前へ
次へ

季節の中でも夏に限定したポイント

アンティーク着物があるように、四季を通して更衣を楽しむ習慣が日本にはあり、良さの一つです。
着物はその衣更に合わせて、仕立てや素材を変え、季節を着分けるものです。
また、模様や色で、それぞれの季節感を楽しめます。
もしも、着物買取を利用するなら、衣更の季節とその時々に着る着物のことを知る、覚えておくことで、売る・買う、さらに買取を検討する判断ができるようになるはずです。
基本は、季節に合わせて袷、単衣、薄着を着分けることになります。
それぞれに合わせる帯や和装小物、下着までが変わってきます。
着物買取では、6月と9月がカギとなる季節とも言われています。
どちらも裏地なしの着物の季節ですが、夏に向かう6月と秋に向かう9月と、それぞれの季節の変わり目を表現できることが、着こなしのポイントで、買取額を左右するポイントです。
色柄が、初夏や初秋限定になってはいないか、6月は夏素材、9月は袷用など、合わせる小物がセットになっているか、変化がつく季節の楽しみ方ができる着物が買取額に反映されています。
また、6月にしか着られない素材として、絽縮緬や紗袷などは人気取りしやすく、涼やかな素材は、高齢の方々の体温調整にもオススメで、買取額もついています。

夏場用の着物として麻素材が人気になっている

日本の冬は非常に寒いです。
今は防寒用の服もいろいろありますから、それらを重ねたりして対策をすることもあります。
一方冬には日本の伝統衣装である着物を着ている人を見る機会が多くなります。
正月や成人式、学生の卒業式もまだ寒い時期に行います。
着物を着ている人はあまり寒そうに見えません。
着物は比較的防寒性が高いので、首元などから風が入るのを抑えれば上着などを着なくても真冬の中でも活動ができます。
では冬以外の季節はどうかです。
温かい時期に冬に着る着物を着るとなるとかなり暑くなるでしょう。
夏には夏に適した着物を着るのが良いかもしれません。
夏用の素材で作られたものがあります。
着物の買取においては、一般的には絹で作られたものがメインになります。
絹製はオールシーズン使うことができ、真夏でも着れないことはありません。
でもそれなりに暑く感じます。
夏用といえば麻素材のものがあるので、こちらを求める人が多くなります。
麻素材の着物があるなら、査定をしてもらうようにしましょう。

Page Top